Home » 例会報告 » 例会運営に携わる意味_第332回例会

例会運営に携わる意味_第332回例会

「あの上司はちっとも役に立たない!」
「会社はいったい何を考えているんだ!」

社会人であれば、こんな言葉を口にしたことは一度や二度ではないはず。
僕も飲み屋でさんざん先輩に愚痴をこぼした口です。

そんなとき、「では、あなたがやってみたら」とポンと舞台に放りだされたら……。
あなたはその舞台のうえで、多くの人が満足できる行動をとることができると思いますか?

 

トーストマスターズの役員とは?

今夜の例会は、まさに「あなたがやってみたら」が実現する日。
響クラブの役員を決める日でした。

役員とは、響クラブの運営に携わる人たちのことです。
役職は7つあります。

1)会長(クラブ全体の統括)
2)教育担当(会員のプログラムの進行を管理し、適切な役割をふることで会員の成長を促す役割)
3)会員担当(主に新会員勧誘を担当)
4)広報担当(ホームページの管理をメインに、響クラブの活動を広報する)
5)書記(例会の記録をとるほか、会員情報の管理も行います)
6)会計係(会費の徴収、トーストマスターズ本部への納入を主体に、会計管理を行います)
7)会場係(例会を開催する会場の選定管理、例会アイテムの管理など)

 

リーダーシップスキル向上プログラム

以前にも書いたと思いますが、
トーストマスターはコミュニケーションとリーダーシップスキルを学ぶ場所です。
そして、リーダーシップとは、設定された目標を達成するための先導役を担うことです。

 

その段階として、トーストマスターズには、例会進行を支える役割を会員個々が担うと前回お伝えしました。
さらに次のステップといえるのが、クラブ運営に携わることです。
つまり役員就任です。

役職は1年で交代します。
一人の人が同じ役職を二年連続することはありません。

会員はさまざまな役員の仕事を担当することで、
例会に参加する側から、運営する側を経験することになります。

「有志の集まりが行うことでしょ」「会社の役員とは違う」
もちろん、そうです。

でも、トーストマスターズがただの有志の集まりの団体とは一味違うのは、
クラブの達成目標というものが、トーストマスターズ本部から与えられていること。

たとえば、CCマニュアル修了者が何名で何点。
ACマニュアル修了者が何名で何点。
新規入会者が何名以上で何点。
などと定められています。

 

役員は例会の運営とともに、この目標達成も、全体で追求していくことでリーダーシップのあり方を学ぶことができるのです。
舞台にポンと放り出されたときに「自分に何ができるのか」、
会社組織のなかで行うこととは違うからこそ、「試行錯誤が楽しめる」、とてもユニークな経験ではないでしょうか。

 

今期の役員はフレッシュな陣容

 

 

その意味では今夜はとても重要なイベントが行われたことになります。
実際のところ、選挙とはいえ、事前に選出された候補者が変わることはありませんが、
候補者はみなやる気に満ちた抱負を事前に語ってくれました。
来期も楽しみです。

なお、来期の役員構成は役員経験者が3名と、未経験者4名となりました。
未経験者4名は入会1年未満の方です。1名は学生さんです。

「誰もが運営側の立場を経験できる」
「リーダーシップを発揮する場を与えられる」
「多くの人と協力しながら、いまを変える体験を味わえる」

ここにもトーストマスターズクラブの魅力があります。

例会を見学する際には、スピーチという視点だけでなく、
リーダーシップという視点でも例会を見てもらえたらと思います。

ちなみに響クラブは過去5年のうち、男性が会長をしたのは1度きりでした。
今回は久しぶりの男性会長です。

 

今回のスピーチの紹介

今回は役員選挙があった関係で、テーブルトピックスはなし。準備スピーチは3本です。

最初のスピーチはアイスブレーク、入会してはじめてのスピーチです。
スピーカーは自己紹介として、大好きな奥さん、息子さん、娘さんの話、いまのお仕事の話、そして、響クラブに入った理由を語ってくれました。
とにかく情熱的でパワフルな人柄の伝わるスピーチでした。
響クラブにいい刺激をもたらしてくれるに違いありません。

 

二番目のスピーカーはご自身が現在行っているトレーニングについてです。
それはストレッチ。
このスピーチの中で身体を柔らかくする効用や実際行っているトレーニング方法について紹介してくれました。

では、なぜ彼は身体を柔らかくしたいのか? 
「スピーチがうまくなるため」だそうです。
身体が硬いと緊張状態が強くなる、
一方で柔らかくなればリラックスしたいいスピーチができるとか。
耳より情報ですね。

 

三番目のスピーカーは、今回「笑わせるスピーチ」を行うということで彼が選んだのは、自身の失敗談です。
秩父の三峰神社に初もうでに行ったときのこと。
帰りのバスの時刻を見誤り、下山できなくなったというのです。
ありえないような失敗談から下山するまでの顛末を語ってくれました。

 

 

今夜のベスト賞で

ベスト論評者賞はSさん。
ベストスピーチ賞はアイスブレークをしてくれたNさんでした。
おめでとうございます。

次回の通常例会は6月12日です。
その間に特別例会として、5月30日に秋葉原クラブと合同例会を行います。

 

☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆

 

【次回例会のご案内】

■第333回 通常例会
 日時:6月12日(火)19:30 – 21:15
 場所:
IKE・Biz としま産業振興プラザ 第3会議室
 

 ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。
 池袋スピーチクラブ 響クラブへの見学の申し込みはこちら

★トーストマスターズとは・・・・
 
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界135カ国、33万人の会員が参加しています。日本には172のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
 
池袋で活動する日本語のトーストマスターズクラブです。第2・4火曜日に、19時30分から21時15分まで定例のミーティングを行っています。人前で話すことが苦手な方、コミュニケーションスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか?ご見学大歓迎です!お越しをお待ちしております。


Comments are closed.