Home » トースト役立ち情報 » スピーチが上達する10のコツ

スピーチが上達する10のコツ

トーストマスターズインターナショナルのサイト掲載されていた10個のスピーチのコツをご紹介します。ご参考になればうれしいです。(内容は原文は現在は削除されてしまっています・・・)

 

1.Know your material. /自分のスピーチをよく知ろう

まずは、自分の話そうとしている事、何を言いたいのかよく知ってみる。そうしたら、どういう伝え方がいいか、もっと分かってくる!

2.Practice. Practice. Practice! /練習、練習、練習!

たどたどしく息切れする、だらだらしたスピーチより、明確で研ぎ澄まされたスピーチがいいに決まってます。それにはなにより練習!言葉は口から出してみて、初めてその言葉選びや文章の切り方について分かってきます。コツをつかめるまでは練習してみましょう。

3.Know the audience./聞き手の事を考えよう

わざわざ聞きにきてくれている人たちです。思い切って、友達のように、心をこめて話してみましょう。そよよそしい丁寧さより、もっといい話しかけ方が見つかるかもしれません。

4.Know the room. /会場を制す。

大きい会場では隅々まで声が届くように、資料を使うときは後ろの人からも見えるように。会場を制す者はスピーチを制す!

5.Relax. /りらーくっす。

深呼吸して、にっこりと笑顔で!

6.Visualize yourself giving your speech. /成りきりましょう!

声も、身振りも、気の持ちよう。ステージに立ったらなりきって!いじいじされると聞いている方も白けてしまうものです。

7.Realize that people want you to succeed. /聞き手は期待してます。

きらきらした目でみんなに見つめられる・・心臓が止まりそうですけど、そんな状況を楽しでしまいましょう。

8.Don’t apologize./謝らないで!

緊張してます、とか、今回は準備が不十分ですとか、そんなことは言わないでください。

9.Concentrate on the message./伝えたいことに集中しよう。

脱線ばかりしているスピーチは、後に何が言いたかったのか分からなくなります。もったいないです!

10.Gain experience./後は経験を重ねれば

あなたのスピーチはあなた自身を表します。だから、自分を成長させればスピーチも成長するし、たくさんの経験があなたを成長させます。

ここなら失敗しても大丈夫。みんなで一歩前に踏み出そう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です