Home » 響クラブの紹介

響クラブの紹介

 

響トーストマスターズクラブは、「2002年9月」に有志によって「池袋」に設立されました。
以来、変わらず池袋で活動をしています。

クラブ名の由来は「心に響く日本語、心に響くスピーチをする」からきています。

響クラブの特徴

響クラブの特徴は次の3点です。

ひとつは、冒頭でもお伝えしたように、「日本語クラブ」であること。
日本のトーストマスターズクラブには、英語クラブ、バイリンガル(日英が主)クラブ、日本語クラブの3つがあります。

ふたつめは、「基本に忠実な例会をしている」こと。
クラブによっては例会の進行にアレンジを加えているところもあると聞きますが、響クラブは設立以来、トーストマスターズクラブ推奨の例会を変わらず行っています。

みっつめは、「平日クラブなのに、休日クラブのような雰囲気がある」こと。
外部の方によくそうおっしゃっていただきます。
例会を、平日の「火曜日」に開催するため、参加者はほとんどが仕事帰りの方です。
ともすれば、仕事帰りのややピリピリとした空気が残っているそうですが、響クラブにはそんな空気感はなく、穏やかでリラックスした雰囲気があるそうです。

 

年齢層

会員の年齢層は、20代から60代までさまざまです。
平日の夜間ながら、幅広い年代の人たちがフラットな関係のもとで、コミュニケーションスキルやリーダーシップスキルを学んでいます。

 

時間

毎月第2火・第4火曜日 19時30分~21時15分
終了後に席を移しての懇親会(自由参加)もあります。

 

場所

「IKE Biz としま産業振興プラザ(池袋駅)」を使用しています。

※ごくたまに以下を使用することがあります。その際はあらかじめ告知します。
・雑司が谷地域創造館(雑司が谷駅・鬼子母神前駅)
・西池袋第二区民集会室(池袋駅)

見学は無料ですのでお気軽にお問合せください!

見学のお問い合わせはこちらから

 

IKE Biz としま産業振興プラザ
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2丁目37-4
(池袋西口またはメトロポリタン口から徒歩約6分)

雑司が谷地域創造館
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3丁目1-7
(雑司が谷駅2番出口直結・鬼子母神前駅から徒歩約3分・池袋駅東口から徒歩約14分)

西池袋第二区民集会室
(池袋西口またはメトロポリタン口から徒歩約11分)