Home » 会員インタビュー » ATさんのインタビュー「他の人の目からみた自分を知ることが…」

ATさんのインタビュー「他の人の目からみた自分を知ることが…」

 

現在響クラブの役員として活躍されるATさん(40代)に、響クラブに入会した理由と現在のお話をお聞きしました。

 

響クラブに入会したのはいつですか?

2015年10月です。トースト歴は2年6か月となります。

 

TMCに入会しようと思った理由を教えてください。

昔から人前で話すことが苦手で、その意識を克服したいと思ったのが一番の理由です。
でも、はじめはTMCという選択肢はありませんでした。存在自体知りませんでしたし。
最初に探したのは、近場にある話し方教室でした。でも、見てみるとどれも月謝が高くて。
もっと割安なところはないかと探したところ、TMCがヒットしました。

でも、TMCって聞きなれないですよね。
当時の響クラブのサイトは見栄えも悪く、得られる情報もいまいち。
躊躇してしまい、見学を決意するまでに、響クラブのことは2年ぐらい放置していました。

決意した理由は、その間も苦手意識が足をひっぱる場面がいろいろありまして。
プライベートでいえば、ちょっとした集まりのときにやらされる自己紹介とか。
いい年なのに、これからもずっとこの苦手意識と付き合っていくのかなと思ったら嫌だなと。
ダメもとでもいいから、まずは行動しようと決意しました。

 

見学にきたときの響TMCの印象はどうでしたか?

最初の見学時に、恐る恐る会議室の扉を開けたら、扉近くにいた女性の会員がすぐに気づいてくれて、「こんばんは!」とフレンドリーに声をかけてくれました。
そして、さっと隣の席に案内してくれました。この対応は安心しましたね。

例会の雰囲気は大げさに言えば異次元なものでした。
TMCはアメリカ発祥ですよね。
先生もいない、有志で会を運営するという形で進行はシステマチックです。
参加した一人ひとりが生き生きと発言されている様子にはとても驚きました。
僕の知っているのは会社の会議だけですけど、そこは一部の人だけがペラペラしゃべるというクローズドなものだったので、こんなオープンな雰囲気を好ましく感じました。

印象的だったのは、スピーチの良しあしを、マニュアルに基づいた評価軸で論じていたこと。
当時僕のいた会社組織では個人の経験という主観で評価されることが多かったのでとても新鮮でしたし、信頼できると思いました。

 

TMCに入って苦手意識は克服できましたか?

TMCの良さは、評価をポジティブな視点から行う点です。
「今日は支離滅裂なことを話してしまった」とがっくり肩を落としたときでも、ほかの会員からはいつも温かい感想をもらえます。
「人柄の感じられる素敵なエピソードだったよ」とか、
「話しているときの笑顔がいいね」とか、
「とても落ち着いていたよ」とか。
「そうかな?」って不思議に思うんですが、「次はもっとうまくできるように頑張ろう」って元気が出てくるんです。

そこで気づいたのは、自分の緊張や焦りって、他の人は案外気づかないものだということ。
足が震えるような状態で話したときでも、「えっ、そうだったの! わかんなかった」って驚かれるんですよ。
苦手意識って結局、自分が勝手に作り出しているものなんでしょうね。

そもそもコミュニケーションって、相手がいて成立するものですよね。
それまでの僕は、自意識が過剰で、自分だけの尺度で発言の良し悪しを判断しすぎて、コミュニケーションの本質を見失っていたのだと思います。

他の人の目からみた自分を知ることができたことが、響クラブに入ってよかったこと。
苦手意識は失敗したくないという思いから生まれることが多いものですよね。
いまは敢えて失敗してもいいとポジティブに考えられるようになったので、苦手意識はなくなったと思います。

 

現在役員をされていますが、苦手意識がなくなったことと関係ありますか?

役員を打診されたのは2年ほど前で、まだ入って半年たっていたかどうか。
苦手意識はしっかり残っていたと思います。
TMCではスピーチスキルはリーダーシップを高める一環という考え方があります。
役員を務めるのはそのリーダーシップを高める手段のひとつです。
「毎回例会に参加しているから、スピーチはまだまだだけどどうだろうか」って感じなんでしょうが、響クラブの人たちが優しくサポートしてくれるのはわかっていたので、チャンスにのってみようと思いました。

結果的には、役員をやってよかったです。
役員という立場だと、スピーチも下手なままではまずいのでスピーチの練習もちゃんとするようになりましたし。少しはうまくなったと思います。

 

TMCへの入会を検討している人に一言お願いします!

興味をもった方はぜひ一度入会してみることをお勧めします。
体験することでしかわからないことがあると思うんです。
それに響クラブには肩に力のはいったような人はいなくて、とてもリラックスした雰囲気のいいクラブです。
あとTMCって日本全国で180ほどのクラブがあるんです。
東京だけでもたくさんクラブがあるんですけど、横のつながりがすごくて。
響クラブ以外の人とも、TMCを通して仲良くなれたことで世界が広がりました。
今度はぜひ例会でお会いましょう!

☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆・*:.。.☆

ちょっと面白そうだなと思ったあなた!
新しい仲間が欲しいと思っているあなた!
自分をもっと知りたいと思っているあなた!
 
響クラブで一緒にやってみませんか!

メンバー一同、心よりお待ちしております。
ご見学は無料です。

見学のお問い合わせはこちらから

★トーストマスターズとは・・・・
スピーチを通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ非営利の国際教育団体で、全世界135カ国、33万人の会員が参加しています。日本には172のクラブがあり、約4000人の会員が所属しています。

★響トーストマスターズクラブとは・・・・
池袋で活動するトーストマスターズクラブです。活動日は第2・4火曜日の月2回。19時30分から21時15分まで。自信をもって人前で話したいという方、プレゼンのスキルを向上させたい方、私たちと一緒に学びませんか? ご見学大歓迎です!


Comments are closed.